映画『21世紀の女の子』とは?
What’s about 21st century girl ?

2018年の東京には、個性豊かな、「映画の女の子」たちが生きています。
彼女たちは、80年代後半~90年代生まれの映画監督であり、確固たる意志と、はなやかな才能を秘めた力強い作家たちです。
それらの才能を、2018年のこの今に、定点観測し、鮮やかに記録する。
オムニバス企画に収まりきらないほどの流れ星を追いかけるようなこの試みは、やがてたった一つの星座を描くことになります。
短篇集のタイトルは、『21世紀の女の子』(英題:21st Century Girl)。

本作品には、企画・プロデュースを務める山戸結希のほか、映画の未来の星々そのものである、12名の新進監督が参加し、全編に共通した“あるひとつのテーマ”を、各々の地点から、8分以内の短編で表現し、1本のオムニバス作品となることを予定しています。
21世紀の女の子の、女の子による、女の子のための、とびっきりの映画たち。
真の「21世紀の女の子」の姿を、あなたの目で、私たちの目で、確認してみましょう。

プロデューサー・山戸結希のちかい
manifesto by Ū-ki Yamato

この作品を観終わったとき、新しい議論と、待ち詫びた希望が生まれるような、未来の女の子たちのためのオムニバス短篇集としたいと考えています。

今、わたしたちが、
シネマコンプレックス、大きな映画館の暗闇に身を隠したとしたならば、
10本に1本は、女性の手による映画作品に出会うことができるかもしれません。
それは、多いのでしょうか、少ないのでしょうか。
わたしたちがこんなにも映画を求めていることと、
その現実は、釣り合っているのでしょうか?
女の子たちが、こんなにも映画館に足を運んでいる日々の中で。
スクリーンの向こう側で、
映画の女の子は、呼吸を続けられるのでしょうか。
そのような、もう一つの暗闇から、
スクリーンを見上げてーー

夢物語のような話かもしれません、
いつか、この世界の、スクリーンでかかる映画のうち、どうか半分が、
映画の女の子たちの手によって紡ぎ出されたscene/光景になること……
そんな未来のための一歩を、
今、たしかに踏み出しそうと考えています。
映画を撮らなくては、生きてゆけない女の子たちと手を取り合って、
映画を観ることで、はじめて生まれ変わることのできる女の子のために、
スクリーンを、鏡のように向かい合わせに見つめながら、
21世紀を、切り拓いてゆきたいと、つよく願っています。

今回力を貸してくださるのは、12名の映画監督の皆さんです。
叙情的傑作『溶ける』がカンヌ国際映画祭シネフォンダシオンに選出され、新作『真っ赤な星』の公開を控える井樫彩監督、話題沸騰中の『少女邂逅』が単独劇場公開を待たれ、写真家としての活動も華々しい枝優花監督、『おんなのこきらい』を監督し、若い世代の女性の圧倒的な支持を受け続ける加藤綾佳監督、東京藝術大学大学院映画学科に学び、繊細な感性で『おばけ』を創り出した坂本悠花里監督、立教大学在学中から映画を学び、みずみずしく世界を描出した『みちていく』が大きな注目を集め、『みつこと宇宙こぶ』の受賞も記憶に新しい竹内里紗監督、エモーショナルな勘所を掌握するライティング・センスがするどく光を放つ『なっちゃんはまだ新宿』の首藤凜監督、音楽に学び、この春に初長篇の映画製作を控える夏都愛未監督、SNS世代のカリスマ的ファッションブランド「縷縷夢兔」を主催し、映像でも揺るがぬ作家性を確立させる東佳苗監督、若手映画育成プロジェクトndjc企画にて『父の結婚』が選出され、すばる文学賞に受賞された小説家でもある、多方面から嘱望されるふくだももこ監督、弱冠20歳にして『脱脱脱脱17』『キスは待つしかないのでしょうか?』ほか代表作多数、底知れぬ魅力でスター街道を突き進む松本花奈監督、第25回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞した『Dressing Up』での突出した演出力が愛される安川有果監督、狂おしい快作『あみこ』がベルリン国際映画祭へ最年少で出品され、ミレニアルズの先頭をゆく山中瑶子監督……

夢見た一篇一篇の製作が、現在、始まりつつあります。
そして、まだ見ぬあなたこそ、21世紀の女の子なのかもしれません。
ぜひ、締め切り間近のキャストオーディションへのご応募、
そして、監督公募へと、ご参加ください。経験は不問です。
そうなってほしいと願うわたしたちが生きている季節のうちに、
21世紀は、必ず女の子の映画の世紀となります。
――きたれ!21世紀の女の子
「星空に、魂を灼きつけるような映画を撮りましょう。」
あなたをこそ、お待ちしています。
Producer/Director
山戸結希/ Ū-Ki Yamato
映画監督。2016年、小松菜奈・菅田将暉W主演の長篇『溺れるナイフ』が全国ロードショーされると、興行収入7億円を突破、述べ60万人以上を動員し、20代女性の監督作品において、前例なきヒットとなった。
RADWIMPS、乃木坂46、AimerらのMVを監督しており、カネボウ、ブルボン・アルフォートミニチョコレートの広告映像も手掛けるなど、ジャンルを超えて、みずみずしい映像を紡いでいる。

どなたが21世紀の女の子?
WHO IS THE 21ST CENTURY GIRL?

Director
井樫彩/ Aya Igashi
1996年生まれ、北海道出身。東放学園映画専門学校卒業。
同校の卒業制作として監督した『溶ける』が国内各種映画祭で受賞し、第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門正式出品を果たす。
2018年冬には初長編作『真っ赤な星』(出演:小松未来、桜井ユキほか)が公開予定。
Director
枝優花/ Yuka Eda
映画「オーバー・フェンス」や映画「武曲」などのスタッフを経て、2017年初長編映画 となる「少女邂逅」を監督。主演に保紫萌香とモトーラ世理奈を迎え、MOOSICLAB2017 では7回満席、観客賞を受賞。
今年夏には劇場公開も決定している。また1月31日にデビューをしたSTU48のMVの監督を務めた。
Director
加藤綾佳/ Ayaka Kato
1988年10月17日生まれ。映画美学校12期フィクションコース修了後、初監督作「水槽」を製作。ぴあフィルムフェスティバル2012コンペティション部門に入選。
その後、CMの助監督や制作スタッフを経て、2015年「おんなのこきらい」にて長編劇場デビュー(主演/森川葵)。映画のほかTV番組やWEB-CM、PVのディレクターとしても活動中。
2018年、最新監督作「いつも月夜に米の飯」が公開予定。
Director
坂本悠花里/ Yukari Sakamoto
上智大学哲学科在学中に自主映画を作り始め、2012年『あの娘が海辺で踊ってる』(山戸結希監督)に助監督として参加。
MOOSIC LAB2014に『おばけ』(監督、脚本、編集)を出品。映画祭コンペにて主演女優賞、ミュージシャン賞を受賞。その後、東京藝術大学大学院映画専攻にて編集を学び、挫・人間のMV『セルアウト禅問答』『十月の月』を監督。現在は脚本家の筒井ともみ氏に師事し2018年公開予定の『食べる女』(AP)に参加、また『キノコ系少女たち!』(脚本、プロデュース)を準備中。
Director
首藤凜/ Rin Shuto
1995年東京生まれ。
大学入学後、早稲田大学映画研究会にて映画制作をはじめる。中編『加賀谷だけが好き』が第八回下北沢映画祭で日本映画専門チャンネル賞を受賞。続く三本目の監督作品『また一緒に寝ようね』がぴあフィルムフェスティバル2016で映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)と審査員特別賞のW受賞を果たす。初長編『なっちゃんはまだ新宿』はMOOSIC LAB2017で準グランプリ、女優賞、ベストミュージシャン賞の三冠に輝き、劇場公開された。
Director
竹内里紗/ Risa Takeuchi
1991年生まれ、神奈川県出身。
立教大学で映画を学び、処女長編『みちていく』(2014)が第15回TAMA NEW WAVE グランプリ・主演女優賞を受賞、劇場公開を果たす。その後、東京藝術大学大学院映像研究科に進学。修了制作『みつこと宇宙こぶ』(2017)が第11回田辺・弁慶映画祭女優賞。その他監督作品に『渦』(2017)、共同脚本として参加した『SYNCHRONIZER』(2015/万田邦敏監督)などがある。
Director
夏都愛未/ Aimi Natsuto
神奈川県出身。幼少期より音楽、作曲を学び、2014年より和エンタテインメントに参加。映画『3泊4日、5時の鐘』(15/三澤拓哉監督)で女優デビュー。2015年に短編映画『海辺の環状線』(竹林宏之監督)に主演。日仏合作『海の底からモナムール』(17/ロナンジル監督)、『雪女』(16/杉野希妃監督)では女優兼記録(スクリプター)として参加。
脚本で参加した『再恋~サイレン~』(17/中田圭監督)が第四回新人監督映画祭で上映されるなど、活躍の幅を広めている。
Director
東佳苗/ Kanae Higashi
デザイナー/アートディレクター、縷縷夢兎(るるむう)デザイナー。1989年福岡県生まれ。全て手作業による一点物商品の製作・販売の傍ら、様々なアーティストやアイドルの衣装デザイン、アートディレクション、空間演出、スタイリスト、キャスティング、MV監督、オーディション審査員等、活動は多岐に渡る。
短編映画「Heavy Shabby Girl」(2015)、「THE END OF ANTHEM」(2017)、「my doll filter」(2017)監督。
Director
ふくだももこ/ Momoko Fukuda
1991年大阪府茨木市生まれ。監督、脚本を務めた卒業制作「グッバイ・マーザー」がゆうばり国際映画祭、第六回下北沢映画祭、湖畔の映画祭に入選。 2015年、若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)2015に選出され、短編映画「父の結婚」を監督、脚本。
2016年、小説「えん」が集英社主催のすばる文学賞を受賞し小説家デビュー。 2017年、小説「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を発表。
映画と小説、どっちもたのしいです。
Director
松本花奈/ Hana Matsumoto
1998年生まれ。慶應義塾大学在学中。
監督作、映画「脱脱脱脱17」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016にて審査員特別賞&観客賞受賞、翌年、渋谷・ユーロスペースにて単独公開される。その他の作品にキットカットショートムービー「運命と出会うまでの一週間」、HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」MV等。第29回東京国際映画祭フェスティバルナビゲーター就任。同世代の若者を同じ視点で捉えつつも、ノスタルジックな世界観を作ることを得意とする。
Director
安川有果/ Yuka Yasukawa
1986年生まれ。
2012年、大阪映像文化振興事業「CO2」に応募した企画が、黒沢清監督、山下敦弘監督らの選出を受け、初長編『Dressing Up』を監督。いくつかの映画祭を経て、2015年に全国で劇場公開。第25回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。昨年は新作の短編『永遠の少女』が東京国際映画祭で上映された。新作の長編映画を準備中。
Director
山中瑶子/ Yoko Yamanaka
1997年3月、長野県に生まれる。
2010年、ブライアン・ジョーンズとどう頑張っても恋愛できないことに途方にくれる(タイムマシンができたら真っ先に彼のグルーピーになる)。
2017年、大学を休学中に制作した処女作『あみこ』がぴあフィルムフェスティバルにて観客賞を受賞し、同作が2018年の第68回ベルリン国際映画祭に長編監督としては史上最年少で招待される。大学は退学し、現在は赤坂のおしゃれ中華で働いている。

公募情報
LET'S JOIN US!

「きたれ!21世紀の女の子」
映画『21世紀の女の子』キャストオーディション&監督公募を開催!

キャストオーディションについて

『21世紀の女の子』のキャストオーディションが開催されます。
本作への出演を希望されるキャストさんのご応募をお待ちしています。

現在、ご応募を締め切りました。たくさんのご応募を、心より、ありがとうございました。
またどこかでお会いできますことを、21世紀中にめぐる再会を、『21世紀の女の子』監督一同、ほんとうに楽しみにしております。

監督公募について

『21世紀の女の子』への参加を希望される映画監督を、
新たに1名募集いたします。
応募方法:(A)~(C)のどれかひとつを満たしてご応募ください。

(A)8分以内の脚本
テーマ:「自分自身が女の子であること(あるいはないこと、もしくはその境界、迷い、ゆらぎ)」について。ほかのテーマでも、構いません。
(B)マニフェスト
21世紀の女の子として、撮ってみたい映画への想いが描かれ、伝われば、経験は不問です。まだ映画を撮られたことがない方のための(B)となります。
(C)過去の映像作品のリンク(あればパスワード)
未来の映画を期待させる映像を撮られる方を探しています。過去の作品から、イメージさせていただきます。

(1)お名前、(2)年齢、性別(3)ご連絡先(メールアドレスと電話番号)、(4)在籍・所属されている学校、組織(なしの場合はなし)(5)これまでの作品履歴(なしの場合はなし)を記入のうえ、下記までお送りください。

Email: 21info@abc-rights.co.jp
メールの件名に、「【監督公募】お名前」とお入れください。

締め切り:4月16日(月)

選考通過者のみ 、4月23日(月)までにEメールまたは電話にてご連絡させていただきます。 結果の理由等にはお答え致しかねます点を、ご理解の程、よろしくお願いします。

=4月4日追記=

映画『21世紀の女の子』監督公募に関しまして、
2018年4月4日現在、 来週末に締め切りを控えます中で、
力強いご応募をいただけ、深謝の想いでいっぱいです。

現在、最終的に、100名程のご応募の中から、お一人にお願いすることになるかもしれないというペースで、ご応募をいただき、非常に厳しい選考となってきております。

ご応募いただいている現状から、
ひとりでも多くの参加希望される方に、実りある応募としていただくために、
お互いにとっても、より良い出会いとさせていただくために、
現状の途中経過をお伝えさせていただきますと、
(A)8分以内の脚本
(B)マニフェスト
(C)過去の映像作品
のうち、やはり(A)、(B)、(C)の順に、心を削って書かれた脚本や、熱のこもった物語やマニフェストをお送りくださる方が、書類選考を通過されてゆきそうな実状があります。
また、素敵な映像を撮られる方が沢山いらっしゃるという意味で、(C)が、とても狭き門となってきています。
それでも、そうした強い言葉や映像を超えるほどのメッセージを、過去の作品で伝えられる方が、(C)の条件で、他の応募者さんを突破されるのだと、どうか、お考えください。

もしも、結果が出され、ご縁がなかった際にも、ご応募くださった脚本、マニフェスト、映像作品は、映画『21世紀の女の子』への権利の寄与は、一切、ありません。
ですので、永遠のような時間をかけてご自身と向き合われた、正真正銘の「21世紀の女の子」である、あなただけの、大切な作品とされてくださいね。

最後となりますが、この監督公募へのご応募を通して、心を削ったり、季節を込めてくださった方へ、感謝をお伝えさせてください。
こんなにもたくさんの、同じ未来を志す女の子たちが、この日本に生きているということに、胸のふるえが止まらなくなりました。
今回、万が一、ご一緒することが叶わなかったとしても、
込めてくださった全ての想いを、このプロジェクトを終わらせぬ大切な熱とさせていただきます。
手をあげてくださったあなたの勇気を、絶対に、無駄にしません。
あなたが生きてきた路の上で、この星座を見つけてくださり、
ありがとうございます。
鏡のように、見つめ合いながら映画を撮り続け、また暗闇の集う場所にて必ず、運命的にご挨拶をさせてください。
あなたの到来をこそ、星空の下、お待ちしています。

映画『21世紀の女の子』企画・プロデュース 山戸結希